HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

  松山英樹は異色ゼクシオ7 激安コースとの戦いを前に原点回帰

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
linazar1
Bitten


Number of posts : 57
Registration date : 2014-01-21

PostSubject:  松山英樹は異色ゼクシオ7 激安コースとの戦いを前に原点回帰   Thu Jun 19, 2014 10:00 pm

  テレビ解説を務める青木功から激励を受けた松山は笑顔で調整を行った。ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で行われる2014年の海外メジャー「全米オープン」開幕を2日前に控えた10日(火)、松山英樹は当地で午前中から6時間にも及ぶ練習で調整を施した。まずは午前8時前から練習ラウンドを敢行。強い日差しを浴び、汗を流しながら1番からのアウト9ホールをチェックした。昨日の敵は今日の友。一緒にプレーしたのは日本ツアーを主戦場としているゼクシオ7 激安キム・ヒョンソンにデビッド・オー。そして2週前に米ツアー初制覇を遂げた「ザ・メモリアルトーナメント」でプレーオフを戦ったケビン・ナの姿も。笑顔を見せつつ、和気あいあいとティオフへの準備に勤しんだ。
  ラフがフェアウェイ並に短く刈り揃えられ、異色の様相を呈す今年の「全米オープン」。ドナルド・ロス設計の激しい傾斜を持つグリーンの周囲も同様で、ツルツルのライからのアプローチは実に厄介だ。「このping g25 アイアン コースはグリーン周りがすごく大事。どれくらい自分が対応できるか」。同組でプレーした選手たちは、序盤からフェアウェイウッドやユーティリティ、ドライバーも使って、転がしのアプローチを繰り返し練習。しかし松山は、そのほぼすべてをウェッジ、ショートアイアンでチッピングを行った。
Back to top Go down
View user profile
 
 松山英樹は異色ゼクシオ7 激安コースとの戦いを前に原点回帰
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: OTHER BOOKS :: The Host-
Jump to: