HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 r11 アイアン工夫する必要があると考えられる

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
maki018
Bitten


Number of posts : 8
Registration date : 2013-08-22

PostSubject: r11 アイアン工夫する必要があると考えられる   Wed Sep 11, 2013 4:50 am

  グリップだけをとっても 何種類ものスタイルがある訳だから こう打つべきだ などと断言できるものは何一つないのだが、自分に最も合ったパッティング・スタイルを研究する上で ストロークの大きさとテンポが どうあるべきかということを 色々研究してみる価値は大きいはずだ。

  チップ・ショットと違い、r11 アイアンパットではダウン・ブローにボールを打つのではなく、スイングの最下点を 少し過ぎたところ (約 5cm が良いと言われる) で ややアッパー・ブローにボールを打つ というスタイルが 転がりの良いボールが打てるという観点から 近年 最も支持されているパッティング理論である。また、転がりの良いボールを打つという観点からは クラブヘッドがロケットボールズ ステージ2 ドライバー加速モードの時にボールを打つことが有効だとも言われており、そうした観点からも、どのようにテーラーメード r11 アイアンストロークすべきかは工夫する必要があると考えられる。

  一方、パットをする時に テイクバックの大きさが 大き過ぎれば 途中で減速するようなストロークになり兼ねないし、小さ過ぎれば 打ち急ぐようなストロークになってしまい、どちらのケースも 前述したアッパー・ブローの加速モードで打つという打ち方をするには好ましくないだけでなく、何よりも、ストロークの再現性や安定性を欠く原因になる訳 だ。
Back to top Go down
View user profile
 
r11 アイアン工夫する必要があると考えられる
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: TWILIGHTERS FORUM :: Forum Discussion-
Jump to: