HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 他のルールと注意事項

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
sarcho
Bitten


Number of posts : 7
Registration date : 2013-07-26

PostSubject: 他のルールと注意事項   Fri Sep 06, 2013 4:12 am

委員会がそうした行動を禁止しない限り、最後にプレーしたホールのパッティング・グ リーン面はテストすることができるとなっているが、913 d3 ドライバー応用できる優れものであるほとんどのストローク・プレーの競技では、最後にプレーしたホールでのパットを禁止しているのが現状 だ。なお、ご存知のように、マッチ・プレーで この行為を禁止することは ほとんどなく、ご存知のように、パットをミスして そのホールを負けた後などに、パットを し直してチェックすることが良くやられる訳だ。

 また、グリーン上においても ボールを動かしてしまった場合は 例外規定以外のケースでは 規則 18 に従ってペナルティ (1打罰) が科されるが、タイトリスト712 AP2 アイアン太いようなグリップもあるその場合はプレーヤーはボールを元の位置に戻してプレーをする必要がある。2012年のルール改定以前はプレーヤー自身がボールを動かして いない場合でも、プレーヤーがアドレスをした (スタンスを取って ソールを地面に付けた) 後に ボールが動いた場合には ボールを動かした時と同じペナルティが科されたため、ボールが動きそうな時は ソールをグリーン面に付けずに パットをするということも 選択肢としてあった訳だ。

(ジャック・ニクラウスは 普段からソールを グリーン面に付けずに パットをしていたので、当該ルールのペナルティは科されたことがないそうだ。) しかし、2012年のルール改定で アドレス後でも プレーヤーがそのボールを動かす原因となっていないことが分かっているか、メーカーとブランドをそろえるほぼ確実である時は プレーヤーに対する罰を免除するとの新しい例外規定が追加された。


Back to top Go down
View user profile
 
他のルールと注意事項
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: THE SERIES :: Midnight Sun-
Jump to: