HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 r11 アイアン程度についても工夫する必要がある

Go down 
AuthorMessage
golfmall
Bitten


Number of posts : 33
Registration date : 2013-04-27

PostSubject: r11 アイアン程度についても工夫する必要がある   Mon May 13, 2013 2:04 am

右肘のことだけを考えれば、左肘 (イラスト青の点) が後ろに、そして、高く上がれば前述の望ましい右肘とグリップの位置関係は作り易くなる、

が、そうすることで 体全体のバランスを保ってスイングが出来ないのではr11 アイアン本末転倒だから、バランスを崩さない範囲で どのように肩を回して、手を振り上げれば 右肘が下がる形で 右腕を上手く たたむことができるのかを工夫する必要がある。右肘が下がる形とは 右手でクラブを下から支えることが出来るようなイメージである。

 また、望ましい右肘のポジションの形を作るには、テイク・バックからバック・スイングで 左腕を ドア・ノブを 時計回り方向に回すように少しロール (プロネート) させる必要がある。そして、そのタイミングとテーラーメード r11 アイアン程度についても工夫する必要があるだろうが、概ね、クラブ・ヘッドが腰の高さで、フェースが地面に対して垂直 になるくらいのプロネーションを目安に自分に合った腕の上げ方を研究すれば良いだろう。

 以上のポイントを念頭において、右肘が下を向く形が容易に作れるポジションまで 肩を回転させ 左腕を (プロネートさせながら) スイングさせて止まる所がフル・スイングのトップになるという考え方で 自分なりの あるべき トップの形 (及び、そのイメージ) を作ることを研究して欲しい。

Back to top Go down
View user profile
 
r11 アイアン程度についても工夫する必要がある
Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: THE SERIES :: Midnight Sun-
Jump to: