HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 ゼクシオ アイアン mp600改善を求める声が上がっていた

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
Errand29
Bitten


Number of posts : 17
Registration date : 2012-12-20

PostSubject: ゼクシオ アイアン mp600改善を求める声が上がっていた   Wed Apr 24, 2013 9:38 pm

ゼクシオ アイアン mp600改善を求める声が上がっていた

グループに遅れが生じている状態を アウト・オブ・ポジション (out of position) と言うが、通常、PGA や LPGA のトーナメントでは 前のグループとの間が大雑把に 1ホール以上開いた時点で アウト・オブ・ポジションの状態と定義されており スロープレーに対する警告が 競技委員から選手に対して口頭でなされる。

が、警告が出された後も改善が見られない時は 各プレーヤーの 1ストロークごとのゼクシオ アイアン mp600許容時間の限度に従ってプレー時間の計測がなされ、遅れが認められた場合は 競技規定に従って ペナルティーが科される。毎年、当該ルール違反のペナルティーで さまざまな物議を醸してきた 日本女子プロゴルフ協会は 2012年より 新システムのイエロー・カード制を導入した。

これによって、遅延プレーの撲滅を目指すそうで、前の組との間隔が 1ホール以上開いた場合、ティーグラウンドで競技委員が イエロー・ゼクシオmp600アイアンカードを提示することになった。従来は口頭での指摘だったから 警告なのか 注意なのかが 曖昧で 気づかないまま プレーを続け、結果的に 2罰打となるケースも あったそうで、改善を求める声が上がっていた。

LPGA の不当の遅延は 1) パットを含め 1打に 60秒以上を要した場合、または、2) 1ホールに要した時間が 1打平均 30秒の合計を 10秒以上上回った場合と定められている。
http://www.generalgolfarticle.com/index.php/archives/34

Back to top Go down
View user profile
 
ゼクシオ アイアン mp600改善を求める声が上がっていた
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: THE SERIES :: Twilight-
Jump to: