HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsRegisterLog in

Share | 
 

 ロケットボールズ ステージ2 ドライバー普及した結果

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
Errand29
Bitten


Number of posts : 17
Registration date : 2012-12-20

PostSubject: ロケットボールズ ステージ2 ドライバー普及した結果   Fri Mar 08, 2013 9:54 pm

ロケットボールズ ステージ2 ドライバー普及した結果



年間のドライバー・ショットの平均飛距離で 300ヤードを越す選手が初めて出たのは 1997年で、その記録は ジョン・ディリー (John Daly) によって作られたが (302.0ヤード)

その年の 2位はロケットボールズ ステージ2 ドライバータイガー・ウッズで 294.8 ヤード、そして、3位の選手が287.5ヤードという状況で 290ヤード以上飛ばしていた選手は 2人しかいなかった。(表中の 300ヤード以上の選手数のコラムは 年間の平均飛距離が 300ヤードを越した選手の数。)

 1990年代半ばまでは バラタ カバーの糸巻きボール全盛の時代であったが、その後、ロケットボールズ ステージ2ウレタンカバーのボールが出現し、さらには タイトリスト Pro V1 で知られる マルチレイヤー・ソリッドコア・タイプのボールが普及した結果、状況は大きく変わった。

もちろん、ゴルフ 用品理想的な打ち出し角とバックスピン量の組み合わせを可能にした大型ヘッドのドライバーや高度なカーボン・グラファイト・シャフトの製造技術の進化も飛距離のアップに拍車をかけた訳である。

 また、ゴルフスイング分析用のビデオカメラやソフトウェア、そして、ヘッドスピードやボールの挙動の測定機器などを比較的容易にフィッティング (自分に最適になるようクラブを調整すること) やトレーニングに導入できるようになったことも 全体のレベルアップを促したと考えられる。

Back to top Go down
View user profile
 
ロケットボールズ ステージ2 ドライバー普及した結果
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
Twilighters :: THE SERIES :: Twilight-
Jump to: